車両改造レシピ1

Nゲージ車両改造集

#013 キハ40 はばタン列車


〜2007.2.26 公開(暫定版) 2008.8.17 ようやく製作過程概要追記

画像をクリックすると拡大されます
キハ40正面1 キハ40正面2 側面1 側面2 屋根

材  料(1両分)
マイクロエース忍者ハットリ君列車約\11,000 ×1=約\11,000(実勢価格)
GSIクレオススプレー クリアイエロー\ 600 ×1=\ 600
各メーカータトゥシール約\ 500 ×1=約\ 500
計\12,100
今回未購入分含めず

概  要
ボディ 1.
マイクロエース 忍者ハットリ君列車より、動力の入ったキハ40を分解し、ボディのみをIPA(イソプロピルアルコール)に漬け込み、塗装を剥離する。側面窓ガラスの一部にかかっているイラスト塗装は、IPAを染み込ませた綿棒でこすり落とす。
2.
兵庫国体の公式サイトにあった各種ポーズのはばタンほか画像を、実物のはばタン列車画像を参考に配置し、そこには無かったはばタン列車オリジナル?の数点の画像は、実物を参考にフリーハンドで下絵を描画、スキャナで取り込んで画像化してペイントで着色、サイズ調整して用いた。
 各ポーズを配置した画像(縮小しています)
3.
ボディの塗装をだいたい落とせたら、サーフェイサーを吹いて表面を整える。
4.
ボディにクリアイエローを少しずつ吹いて、実物の色味に近づけていく。
5.
前面〜側面をマスキングをして、屋根にねずみ色1号を吹く。
6.
2.の画像データをタトゥシールにして、ポーズほか1つ1つを大まかに切り出して、ボディに貼りこむ。
(ラグビーはばタンとスポーツチャンバラはばタンの白色の部分は、画像データをタトゥシール台紙に反転印刷した時に、該当部分に修正液をはみ出ないように塗布して表現)
7.
最初にボディから外しておいた、屋上機器ほかを取り付け。
8.
カプラーを、KATOカプラーに交換する。

やり直したい部分とかあるのですが、結局まだそのまんまです。。。また、残ったハットリ君2輌を加古川線色と姫新線色にするという構想は・・・


●キハ40 はばタン列車 ミニ写真集● (下の画像をクリックすると拡大します。)
製作時の資料にするために撮影した画像を紹介します。
上り寄り正面ヘッドマーク山側側面(下り寄り)山側側面(上り寄り)
海側側面(下り寄り)海側側面(上り寄り)
光線の加減で見づらいのは
御勘弁ください。
海側側面一部 
(上り寄り)
屋根とオデコの塗りわけは、
斜め線が入るタイプ



ホームへ戻る  次のページへ進む  このページのトップへ戻る  このカテゴリのトップへ戻る  車両改造レシピ2へ進む