ご協力をお願い
申し上げます。


防犯ボランティアの方からの情報で『DV被害者を救う運動』に参加しました。(2011.08.18))
|戻る|
DVは卑劣で許せない犯罪の一つです。特に被害者の方は傷を負いとても可愛そうです。先日、ボランティアの方と被害者の方からこの度のお話をお聞かせいただきますと、私は思わず涙を噛み締めました。と同時にこの非道な事案は『この世から無くさねば』と正義の血が騒ぎ胸が熱くなりました。今後、警察、関係行政とボランティアの方々が連携を取られるそうですので微力ながら私も全力でお手伝いさせていただかなければと存じました。
|戻る|

まずは『守りの体制づくり』です。被害者の方は加害者の卑劣な仕返しを恐れますが、『悪に立ち向う勇気』でみんなで被害者の方をフォローする必要があります。と同時に加害者を許すわけにはいきません。法治国家のルールでの厳罰は勿論の事、防犯の観点からもこうした密室の悲劇を繰り返さない仕組みが必要です。今後、私の政治課題として少なくともこの明石ではDVが起こらないような仕組みづくりを求めていきたいと存じます
(次回以降の議会で声を大にして求めてまいります)
追伸:もし、DV被害者を救い、この世からDVを無くす・DVを許さない運動にご賛同の方はどうか勇気を持ってご参加ください
☆コメントお待ち申し上げます。
TOメール

直線上に配置
|戻る|