議会関係 政治・信条関係  トピックス関係 プロフィール関係 





明石市政と明石市議会はどのような関係なのですか?

明石市など地方公共団体は、憲法や地方自治法の規定に沿って、議会を設置しています。 これは、市民の皆さんがその地域の行政を自分たちの手で行うという“地方自治”の本旨に基づいたものです。  そこで、市民の皆さんの代表である市議会は、市政に、市民の皆さんのお一人お一人のご意見やご要望を正しく反映させる責任があり、 民主主義の原点である地方自治を進展させるために積極的に取り組んでおります。


市議会と市長はどのような関係なのですか?

市政の推進へ、市議会は『議決機関』として、また市長側は『執行機関』として、それぞれの機能をはたしています。 つまり、議会が市の意思を決定したのち、市長がその方針にしたがって具体的に事業を実施するわけです。 そして両者は、互いに対等の立場から、均衡とけん制を保つことにより、市政を公正に運営しております。


市議会の権限は?

市議会には、その使命達成のため様々な権限が与えられています。
とりわけ議決権は、 もっとも基本的なもので、
(1)条例の制定や改廃
(2)予算の決定
(3)決算の認定などが含まれます。 

このほかの主な権限は、次のとおりです。 
○調査権 市の事務について自主的に調査する。 
○選挙権 議長・副議長や選挙管理委員会などを選挙する。 
○検査権 議決の執行状況について書類検査や報告請求をする。 
○同意権 助役・収入役・監査委員などの市長選任案に同意する。



なぜ、議員定数削減案にたった一人しか賛成者がいなかったのですか?

どうしてか私にもわかりません。結果がすべてです。当時、平成23年4月の市議会議員選挙の改選後初の議員定数削減案は否決されました。

【解説:2003市議会議員選挙中、マスコミ紙面に各候補者からのアンケート回答が掲載されました。当然、北川はそのアンケートに議員定数削減に○。アンケート回答、定数削減に○、◎は32名、×は4名、△は4名。財政難を理由に市職員をこの10年で約千人近く減らし、福祉ですら予算カットを行う時代、議員の数も問題になって当然ですね。】

下 参考