(北川貴則 12月9日本会議発言 項目・要旨)・・・大きな収支不足が見込まれる市財政の現状のもとでは、民間に任せることにより効率化が図れるものは、原則的には積極的に民営化或いは民間委託化を図るべきものと考えます。
特に経営状況に大きな課題を抱えている自動車運送事業、そして普及率が約95%となり今後施設管理のウエートが大きくなる下水道事業、その他、いわゆる官民の給与格差の大きな業務における民間活力導入の取り組み状況について、お尋ねします。