(北川貴則 発言項目・要旨)・・・ 現在の少子高齢化の進展には著しいものがあり、20年後には4人に1人が、50年後には、3人に1人が65歳以上の高齢者になられると見込まれております。
とりわけ市内の特別養護老人ホームは「現在、9施設660床が供用され、特に、明石川以東には特別養護老人ホームは整備できていないのが現状であります。
市、町別の入所 希望 待機者 数は所管の県が調査結果を公表されておりませんので把握はできませんが、市内各施設とも「多数のお申し込みを受け付けて・・」とお聞きいたしております。
介護保険制度の導入によりまして、福祉施策がより充実はされておりますが、本市東部地域にもこうした福祉拠点は是非とも必要ではないかと存じます。こうした点も踏まえまして 高齢者支援施策は順調にすすんでいるのか お尋ねいたします。
coバス」で一日も早くなされ、地域の利便性が向上する、こうした「Tacoバス」の更なる充実を願いながら、これら、交通不便地域への対策は、今後どのように行われるのでしょうか。 お尋ねを致します。