1、「日本一安全なまち明石」の実現のための危機管理について
(1)南海トラフ巨大地震対策の強化について
(2)その後の明石駅周辺の雨水管整備について
(3)南海トラフ巨大地震等での液状化で倒壊の恐れが心配されている衣川中学校南側の防球ネットの安全確認について 
   

大きく1項目目は「日本一安全なまち明石」の実現のための危機管理について であります。

本市では、大蔵海岸での悲しい大きな事故の教訓から、命を尊び、安全安心が第一をモットーに、市民のみなさんからのどんな些細なお声にも真摯に耳を傾ける姿勢のもと信頼回復に励んでまいりました。本市にとりましては、市民のみなさんの生命、財産を守る安心して暮らせるまちづくりは永遠のテーマであります。

日々の暮らしの中、今日、本市にも大きな災難、脅威が迫っております。その最大の脅威はご存知の様にいつ起こってもおかしくないと言われております南海トラフ巨大地震です。
残念ながら我々は地震どころか大雨さえ止める事は出来ません。でも、あらかじめ危機が予測できる事案には減災策を講じることは出来ます。同時に市民の皆さんの生命・財産に被害が生じる事が予知される事案には怠らずに対処する必要があります。

そこでお尋ね致します。
1点目、甚大な被害が生じる巨大地震に備え、防災強化がなされておりましが、この間の本市の大震災対策への取り組み状況と今後の取り組みもお聞かせください。

2点目、先日、九州地方の豪雨で一日に約38万5000人を対象に避難指示・勧告が発せられたとの事でした。本市でも泉市政発足当初、中心市街地である明石駅前の脆弱さが露呈しました。その駅前周辺冠水から数年を迎えます。その後の明石駅周辺の雨水管整備は万全なのでしょうか。お聞かせください。

3点目は、南海トラフ巨大地震等での液状化で、倒壊の恐れが心配されている衣川中学校南側の防球ネットの安全確認について です。

明石市管理施設等安全管理指針には施設等安全管理マニュアルを作成し、年1回点検する事になっておりますので、防球ネットの点検は実施されているかとは存じますが、その後、安全確認は出来たのでしょうか。特に対応年数が過ぎた、既に30年超えの地中の根かせ部分は腐食せずに大丈夫だったのでしょうか。お聞かせください


2、財政状況について
(1) 平成26年度の一般会計の決算見込みについて
赤字再生団体に陥らないための取り組みはその後、成果を出せているのでしょうか。お聞かせください。



大きく2項目目は、財政状況について であります。

近年、地方行政を取り巻く情勢は財政面でも、さらに厳しさをまし、国策の失敗で生じた人口減現象はまちの活気を失わせ、産業の空洞化は輸出減、貿易収支は赤字続きと経済大国は過去の総称で、本市の低迷する税収にも影響しております。
人口減少、財政面の悪化は都市の存続に関わります。そして、消滅都市は全国の約半数に及ぶと予測がありました。
その昨年5月に民間研究機関の日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)から発表され内容では、『少子化と人口減少が止まらず、自治体としての存続が危ぶまれる自治体は896市区町村(全国の49・8%)に及ぶ』との事でした。
幸い、本市はその消滅都市に該当しておりませんでした。
でも本市は基金の枯渇が心配されている状態ですので、決して気を許す事は出来ません。

かつて夕張市さんの破綻は全国の自治体に強い警鐘を鳴らしましたが、本市も決して破綻しない、財政難を克服する努力を続けなければなりません。  

そこでお尋ねいたします。

赤字再生団体に陥らないための取り組みはその後、成果を出せているのでしょうか。平成26年度の一般会計の決算見込みについてもあわせてお聞かせください。


3、福祉の充実について
(1)現状と課題について
(2)高齢者施策の充実について
(3)障がい者の方々への虐待をなくす取り組みについて   


大きく3項目目は 福祉の充実について であります。

そもそも福祉とはしあわせやゆたかさを意味する言葉で、すべての市民のみなさんに最低限の幸福と社会的援助を提供するという理念に基づくそうです。本市の福祉は充実しているのでしょうか?
福祉の充実には健全財政が不可欠です。
本市の財政は、年々、公務員の数や公共事業も減らし一定の効果をもたらしているはずです。しかし、一方、本来、弱者を守るためのバスの優待券や敬老会の予算までもカット、逆に介護保険料は負担増、などなど、結果、市民のみなさんは、こうした施策を敏感に捉えておられます。
ムダを省く事は当然ですが、単に出費を押さえるだけではいずれ限界に達し崩壊します。問題の、先立つ十分な財源確保を試みる努力がもっと必要です。
例えに、右肩上がりの介護保険料。今後の負担増を回避する様な、新たな財源(増税を除く)は何か検討されているのでしょうか?

そこでお尋ね致します。
1点目、福祉の充実について 現状と課題、そして、例えば本年3月に負担増となった介護保険料、次回の改定で更なる値上げを回避する持続可能で明石を豊かにする新たな収入源を生み出す今後の展開もお聞かせ下さい。

2点目は高齢者施策の充実について であります。
少子高齢社会が進展する中、認知症等の要介護者を在宅介護する老・老介護や、知的・身体・精神に障がいがある方を介護する側の高齢化も顕著です。さらに交通弱者の方々への対策や医療・介護ベット不足など、高齢者を取り巻く諸課題をどのように解消していくのでしょうか。
また、泉市長は平成27年4月の市長選挙に際し、高齢者施策の充実も掲げられました。具体的な事業内容とその新たな予算規模もあわせてお聞かせ下さい。

3点目は障がい者の方々の虐待をなくす取り組みについて であります。
山口県下関市での通所支援施設で、職員による利用者の方々への虐待が発覚しました。
内部告発により報道された施設内部の映像には、職員の暴行や人権を侵害する恫喝の様子が写し出されており、大きなショックを受けました。
この様な虐待は長期間にわたり繰り返されていたとの事で、親や周りに訴える事ができない悲しい事件でした。
本市の福祉施設を利用されている障がい者の方々は大丈夫でしょうか。安心して過ごしておられるのでしょうか?この間の本市の安全対策を踏まえた取り組みをお聞かせください。


4、小中学校のエアコン設置について
  (1) 今後の取り組みについて       
   


大きく4項目目は 、小中学校のエアコン設置について であります。

先日のこの本会議で泉市長は、小中学校のエアコン設置に向けた取り組みを推進する旨の発言を重ねられました。

この本会議場にも冷暖房、エアコンがありますが、なぜ、本市の学校の教室には未だエアコンがないのでしょうか?
それは、近年の環境の変化に対応せず、大人の都合で財政不足を理由に教育環境の充実を疎かにしていたからです。

ちなみに明石市立の平成27年6月時点での小中学校の生徒は2万3500人を超え(23525人)、未整備の教室は800(817)にもおよぶとの事です。

この度、4月の市長選挙で泉市長も、「学力向上のために小中学校へのエアコン設置」旨と熱心に訴えておられましたから、生徒の方々は勿論、多くの保護者やご家族の方々も今後の取り組みに大きな期待をお寄せであります。

そこでお尋ね致します。
任務を遂行できる首長として、多くの皆さんのご期待をどのように受け止めておられるのでしょうか?まずはお聞かせください。


、市民センターについて
 (1) 市民センター未整備の西明石地区と朝霧地区、その必要性について    
西明石と朝霧にも市民センターを!
 


大きく5項目目は 市民センターについて であります。

本市は昭和45年に建築された、この本庁と大久保、魚住、二見に市民センターを設け、より身近に市民の皆さんへの行政サービスの向上にも努めてまいりました。

そもそも市民センターとは、市民センターまつり、子育てサークル、趣味の講座など自主的・主体的な活動を育む地域活動の拠点です。そして、今日の多様化するニーズにもお応えするためには、市役所の出張所としての行政サービスの併設が望まれます。

現在、耐震構造でない本庁と各市民センターは老朽化のため、近い将来建て替えも止むおえない時期を迎えます。
課題は予算と立地だと思われます。
まず、予算問題ですが、例えば他市では市民センターの建て替えに、民活方式を活用された成功例も見受けられます。
これからは税金で大きな予算を用いずに民活など、他市のように、工夫次第で目的を果たす事も出来るのではないのでしょうか?
次に立地問題ですが、幸い本市は東西にJRなど鉄道の交通機関が整備されております。当然各駅には多くの利用者が日常足を運ばれます。交通弱者の方には不可欠なバスのルートも駅に向かって整備されております。効率と公平性を考慮しますと各地域で利用者が多い、それぞれの駅前には多くのニーズがあると思われます。
例えば、駅には本市が所有するロータリーがあります。もし、その頭上に定期借地権などで民間の力でビルが建設されれば、行政は最小限の費用で市民センターを用意出来るかもしれません。民間では、高層建築を行いショッピング街のみならず上層部には住宅供給もされ、さらに賑わいも生じるかもしれません。
財政難でも、此れまでにない柔軟な発想で地域の要の市民センターが充実する事を切に願います。

そこでお尋ね致します。

IT化が進む今日、本庁の大きな建て替えよりも、小さな本庁、市役所とご近所の市民センター構想は有効だと考えます。また、未整備の西明石エリアと東の玄関口、朝霧エリアにも市民センターが必要だと考えますが、市民サービス向上と経費削減策を踏まえた取り組みも併せてお聞かせください。


6、2015明石のウミガメについて
 (1)上陸・産卵時期を迎えた本年度のウミガメ保護に関する取り組みについて
 (2)本年度のウミガメ保護に関する青少年育成への取り組みについて  
 


最後の項目は 2015明石のウミガメについて であります。

明石の海岸環境の保全という視点と市民の皆さんに夢を与えてくれます、明石の浦島太郎物語なる話題について今回もお尋ね致したいと存じます。
昨年の6月16日には6年ぶりのウミガメの上陸産卵が船上の海浜でありました。本市にはこれまで約21回の(※正確には20回)アカウミガメの上陸・産卵と1000匹を超える子ガメ達が明石の砂浜から大海原に向かって元気に旅立ってゆきました。

遥か彼方より訪れ来てくれたウミガメは、レッドブックにも載って入るような稀少生物で、その産卵場所である明石の海浜のすばらしさを内外に示してくれました。
私達、明石市民と致しましては、是非、このウミガメと素晴らしい海岸を、次の世代に引き継ぎ、人と自然の共生のあり方を常に考え、今後ともウミガメ保護の施策の展開を行うべきだと考えます。

 先日もボランティアの方々が以前の産卵現場付近にて、海浜お掃除会を催しておられました。本市の海浜で懸命に産卵を成し遂げました明石のウミガメ、、、、、、、、、是非とも今年も!と希望を託しながら、今回も泉市長をはじめ多くの皆さんのウミガメ保護に対します、あたたかい眼差しに敬意を表し乍も、その保護をより一層進めていただきたいという立場からお尋ね致します。

1点目、本年度のウミガメ保護に関します取り組みはどのように行われるのでしょうか?

2点目、昨年の上陸産卵、子ガメ達の様子や、これまで明石の砂浜に訪れ来たウミガメの種類は?いつ、どのように、そもそもなぜ?などテーマはたくさんあります。本年度のウミガメ保護に関する青少年育成への取り組みも
あわせてお聞かせください。

以上で一回目の発言を終えます。